子宮内膜症の症状・原因・検査・病院

子宮体がんエントリー一覧

子宮体がん(投稿1)
★子宮体がんに関する記事★それでは子宮体がん のことを話題にした口コミ・クチコミ情報や関連情報に耳を貸していただけますか。これまで漠然としかわからなかった子宮体がんのことが、よりはっきりわかるようになるかもしれません。子宮の入り口付近の子宮頸部にできるがんです。また、こういった健康診断は毎年定期的に受けるようにしましょう。器具で根元をはさんで引っ張るだけで、摘出できます。また、この病気の症状は、子宮筋に良性腫瘍ができて大きくなる子宮筋腫と類似しています。しかし、最近は低用量ピルが解禁になり、こち...
子宮体がん(投稿2)
●子宮体がんについての投稿記事●改めて子宮体がん を詳細に調査してみると、意外と面白い事に気がつきます。子宮体がんはけっこう奥が深いことがわかると思います。初経年齢は早くなっているのに、閉経年齢は変わりませんから、月経のある期間はどんどん長くなっています。子宮の入り口付近の子宮頸部にできるがんです。 大きさ、数はいろいろありますが、普通複数個できてきます。それでも外に突出するようになると、炎症を起こして充血した血管から出血しやすくなります。これは、いらいらしやすい、寂しくなってくる、焦燥感(あせ...
子宮体がん(投稿3)
◆子宮体がんの解説◆子宮体がんのことをできるだけていねいに説明していきます。この機会に子宮体がん に関する新たな知識が見つかるといいですね。お手伝いさせて下さい。両方の病気とも子宮筋が肥大するので、超音波検査では判断が難しく、MRIなどで鑑別します。子宮筋腫であれば、閉経後は小さくなっていくのが普通だからです。腹腔内出血はときに1000mlから2000ml以上にもなり、生命に危険をおよぼすこともあります。次に、内診と超音波検査で、痛みの原因となる病気がないかどうかをチェック。大きくは子宮体部に発...
子宮体がん(投稿4)
●子宮体がんについての投稿記事●子宮体がんの知識がすっきり頭の中に入ってくるように、わかりやすく解説していきます。なにはともあれ子宮体がん に関する内容を見ていきましょうか。卵巣の表面の内膜症組織は周囲の組織と癒着することも多く、その多くは子宮・卵管・大腸(S状結腸、直腸)そして対側の卵巣であり、癒着がひどくなって一塊になると手術も困難となってしまいます。子宮内膜症の診断には、以下の二通りの方法があります。また月経自体が筋腫の芽を生み出すという考えもあります。たとえば腹膜病変だけのステージTでは...
子宮体がん(投稿5)
☆子宮体がんに関する説明☆子宮体がん の基本的知識が深まるといいですね。そうなるよう、子宮体がん についてこのサイトではできるだけ数多くの関連する情報を取りまとめています。子宮内膜症の人が必ず不妊になるわけではありませんが、不妊症の検査を受けたら、たまたま子宮内膜症がみつかったというケースも数多くあります。子宮外妊娠の治療法というと、どんな事があるでしょうか?結果として最も単純で確実な処置としては、手術によって胎芽を摘出する事でしょう。子宮頸管ポリープは切除したとしても再発可能性が高いです。たと...
子宮体がん(投稿6)
★子宮体がんに関する記事★それでは子宮体がんについてくわしく見ていきましょう。子宮体がんに関する基本的なことがはっきりしてくると思います。健康増進や病気の早期発見には、定期的な健康診断を受ける必要があります。しかし、このマーカーは子宮内膜症の人がみな高値を示すわけではないので、CA125が正常値だからといって内膜症ではないとは言えませんし、またその逆も必ずしも正ではありません。ですから、あくまでも「補助診断として」有用な検査であるということを知っておくと良いでしょう。そのため、最近は病気をより効...
子宮体がん(投稿7)
○子宮体がんについての解説○意外なことに、子宮体がん についての真相は、これまで一般に流布している常識とは、やや違うのかもしれません。とはいえ、子宮体がんをわかりやすく解説するので、どうぞ参考にして下さい。「機能性月経困難症」は、子宮の発育不全やホルモンレベルの変動で痛みのもととなる物質が多量に産生されることなどが原因で初経から痛みがひどいものの、成熟するにつれて自然に解消されていくことが多いようです。また薬物療法によって筋腫を小さくする方法もあります。●子宮頸管ポリープ炎症がきっかけで子宮頸管...
子宮体がん(投稿8)
◆子宮体がんの解説◆子宮体がんはけっこう奥が深いことがわかると思います。改めて子宮体がん を詳細に調査してみると、意外と面白い事に気がつきます。細胞診でクラスIII以上の結果が出た場合には、組織診を行います。卵巣にできたものを卵巣チョコレート嚢胞(のうほう)とよびます。最後にアルコールを除去し、生理食塩水で洗浄して終了します。一般的に受精卵が、子宮内腔以外の場所に着床して発育することを子宮外妊娠といいます。治療開始後2週間以上を経過してくると、今度は逆にエストロゲンが更年期レベルまでに減少してい...
子宮体がん(投稿9)
○子宮体がんについての解説○なにはともあれ子宮体がん に関する内容を見ていきましょうか。わかりやすく解説しているので、子宮体がんの知識がすっきり頭の中に入ってくると思います。受診者の過去のデータが多ければ、より適切なアドバイスだできると同時に、将来の健康状態を予測することができるでしょう。手術療法に関して言えば、直接病変の除去ができる、病状を目で見て把握できるなどの利点があるのに対して、手術操作による癒着を起こす可能性がある、入院が必要となる、術創ができる、などの欠点も持ち合わせています。2.月...
子宮体がん(投稿10)
意外なことに、子宮体がん についての真相は、これまで一般に流布している常識とは、やや違うのかもしれません。とはいえ、子宮体がんをわかりやすく解説するので、どうぞ参考にして下さい。子宮筋腫と同じように子宮の筋肉から発生する腫瘍で悪性のものを肉腫といいますが、これとの関連を調べるときはMRIで検査します。がんにかかりやすい人を「リスクの高い人」といいます。女性の人は婦人科検診を受けておくのも大切です。しかし子宮外妊娠の場合これが想像以上にやっかいらしいのです。こういったことから、検査結果をより有効に...
子宮体がん(投稿11)
□子宮体がんのやさしい解説□今まで詳しくなかった子宮体がん の新事実がこのページで見つかるといいですね。お手伝いします。子宮体がんについての新しい発見・気づきがあるといいですね。 2.薬物療法    閉経が近く手術を希望しない場合、GnRHアゴニスト(女性ホルモンを一時的に抑える薬)などの    薬で筋腫を小さくしたり月経異常をやわらげ、閉経をまちます。子宮頚がんが、時にポリープ状になっていることがあります。「子宮内膜がんに似たタイプ」では、早期から不正性器出血があるので、子宮内膜がんの診断と同...
子宮体がん(投稿12)
■子宮体がんについて■誰にでもあることですが、子宮体がん に関することで、どことなく心に引っかかって気になることがあったりしませんか?ここで子宮体がんに関する引っかかりを解きほぐしていきましょう。 3.手術療法    一般に次のような場合は手術が考慮されます    ・子宮の大きさが手拳大(成人のにぎりこぶしの大きさ)以上    ・子宮の大きさが手拳大以下でも症状が強い    ・筋腫の発育速度が速い    ・筋腫が原因で、不妊や流産が起きている可能性がある    ・筋腫が壊死したり筋腫分娩が起きた...
子宮体がん(投稿13)
□子宮体がんのやさしい解説□それでは子宮体がん のことを話題にした口コミ・クチコミ情報や関連情報に耳を貸していただけますか。これまで漠然としかわからなかった子宮体がんのことが、よりはっきりわかるようになるかもしれません。体脂肪率は、一般的に男性で15から20%、女性で20から25%が健康的な体の標準とされています。これが擬妊娠療法と呼ばれるものであり、この妊娠しているのと同様の状態を作り出すのに使用されるのがピルです。治療法簡単に言ってしまうと『手術するかしないか』ということと『手術するにしても...
子宮体がん(投稿14)
◆子宮体がんの解説◆誰にでもあることですが、子宮体がん に関することで、どことなく心に引っかかって気になることがあったりしませんか?ここで子宮体がんに関する引っかかりを解きほぐしていきましょう。健康増進や病気の早期発見には、定期的な健康診断を受ける必要があります。細胞の分化の非常によい子宮体癌では、内膜ポリープ様に発育する場合も多く見られるため、これとの鑑別が必要になってくるわけです。子宮内膜ポリープと言いますが、こちらの場合は子宮内膜の過剰増殖により形成されるもので、子宮頸管ポリープとの一番の...