子宮内膜症の症状・原因・検査・病院

子宮頚がんエントリー一覧

子宮頚がん(投稿1)
☆子宮頚がんに関する説明☆せっかくの機会なので、子宮頚がん について新らたな発見・気づきがないかどうか、探してみましょう。子宮頚がんにもいろんな側面があるので、あんがい簡単に見つかるかもしれません。子宮外妊娠の治療は、薬物による治療と外科的治療(手術)の二通りがありますが、多くの場合は緊急を要することから手術が必要となります。妊娠の可能性を残せる手術を行うこともあります。子宮頸管ポリープの症状子宮頸管(子宮と膣を結ぶところ)に出来るものを子宮頸管ポリープといいます。したがって、子宮内膜症の治療と...
子宮頚がん(投稿2)
それでは子宮頚がんについてくわしく見ていきましょう。子宮頚がんに関する基本的なことがはっきりしてくると思います。半数以上の子宮筋腫は多発性(複数発生する)です。 性成熟期から閉経までほぼ一定の大きさですが、閉経後は小さくなります。(ただし、妊娠ですので尿中妊娠反応は陽性です。裏付けになるものはありませんし、そのような統計を目にしたこともありませんので、気にしなくて良いでしょう。月経過多が続くと貧血や体がだるく疲れやすい、動悸がするなどの症状が現れます。このうち良性腫瘍とは、大まかに言えば命の危険...
子宮頚がん(投稿3)
◆子宮頚がんの解説◆子宮頚がんはけっこう奥が深いことがわかると思います。改めて子宮頚がん を詳細に調査してみると、意外と面白い事に気がつきます。 この筋腫は、比較的自覚症状が軽く、訴えのない人もいます、そのため相当大きくなるまで気ずかない  こともあります。肉腫は見つけにくく、放射線も抗ガン剤も効かないので、現在、有効な治療法は手術しかありません。 子宮体部には子宮腔があり、胎児が育つ場所です。更年期障害や、マタニティーブルーでも同じ様な症状が見られますね。また、子宮内膜ポリープがあると、受精卵...
子宮頚がん(投稿4)
■子宮頚がんについて■意外なことに、子宮頚がん についての真相は、これまで一般に流布している常識とは、やや違うのかもしれません。とはいえ、子宮頚がんをわかりやすく解説するので、どうぞ参考にして下さい。外科的治療は本人の年齢、症状、内診や画像診断(CT、MRIなど)、血液検査などを総合判断して決定するものですが、大きく分けると  1)腹腔鏡による手術  2)開腹による手術 とに区別ができます。子宮肉腫とは悪性腫瘍のことで、さらに「がん」と「肉腫」に分けられます。卵巣にチョコレート嚢胞があって癒着が...
子宮頚がん(投稿5)
■子宮頚がんについて■ここで子宮頚がんに関する引っかかりを解きほぐしていきましょう。というのも、誰にでもあることですが、子宮頚がん に関しては、どことなく心に引っかかって気になることがあるのではありませんか?進行している場合には、子宮、卵巣とともに周囲のリンパ節も摘出する「広汎子宮全摘出術」を行います。でも子宮内の正常な妊娠と違い、卵管妊娠では妊娠組織がどんどん膨らんで大きくなることはできません。それで肉腫の疑いがある場合、精密検査として生検、または確定診断のために手術を行う。子宮内膜症の治療に...
子宮頚がん(投稿6)
★子宮頚がんに関する記事★子宮頚がんのことをできるだけていねいに説明していきます。この機会に子宮頚がん に関する新たな知識が見つかるといいですね。お手伝いさせて下さい。出血以外にほとんど自覚症状がありません。月経血が卵管からお腹の中に逆流し、そのままとどまってしまうという説(子宮内膜移植説)が有力視されています。さらに粘膜下筋腫が茎を持って子宮壁とつながる「有茎粘膜下筋腫」では、まれに膣の中に筋腫が出てくる「筋腫分娩」が起こることもあります。骨盤内臓器の癒着を引き起こす子宮内膜症も一因になります...
子宮頚がん(投稿7)
◆子宮頚がんの解説◆ここで子宮頚がんに関する引っかかりを解きほぐしていきましょう。というのも、誰にでもあることですが、子宮頚がん に関しては、どことなく心に引っかかって気になることがあるのではありませんか?「子宮筋腫に似たタイプ(平滑筋肉腫と内膜間質肉腫のうち低悪性度のもの)」は、肉腫が子宮体部の筋層内に発育するものが多く、症状が筋腫に似ている。子宮肉腫の代表的なものに「平滑筋肉腫」「内膜間質肉腫」「がん肉腫」があるが、これらは子宮体部悪性腫瘍の3〜7パーセントを占めるにすぎない稀な腫瘍だ。また...
子宮頚がん(投稿8)
◆子宮頚がんの解説◆これまで漠然としかわからなかった子宮頚がんのことが、よりはっきりわかるようになるかもしれません。それでは子宮頚がん のことを話題にした口コミ・クチコミ情報や関連情報に耳を貸していただけますか。子宮内膜間質肉腫の化学療法ではイホマイド、がん肉腫ではイホマイド、シスプラチンなどが有効とされている。平滑筋肉腫や内膜間質肉腫は、子宮筋腫として管理・治療されていることが多いため、腫瘍が小さく、症状が軽度であれば、経過をみるだけで治療もされないことが圧倒的に多い。子宮外妊娠の治療は、薬物...
子宮頚がん(投稿9)
□子宮頚がんのやさしい解説□せっかくの機会なので、子宮頚がん について新らたな発見・気づきがないかどうか、探してみましょう。子宮頚がんにもいろんな側面があるので、あんがい簡単に見つかるかもしれません。 成人の子宮は鶏卵の大きさで、洋なしを逆さにしたような形をしています。特に卵管破裂の場合、かなりの出血を来すこともあり、ほっておけば死亡してしまうこともあります。「少しでも病理組織学的に異常がみられる症例は、針生検を実施したうちの5〜10パーセントくらいで、最終的に肉腫と診断されるのはその約半分です...
子宮頚がん(投稿10)
●子宮頚がんについての投稿記事●なにはともあれ子宮頚がん に関する内容を見ていきましょうか。わかりやすく解説しているので、子宮頚がんの知識がすっきり頭の中に入ってくると思います。子宮外妊娠の場合、残念ながら赤ちゃんの命は助かりません。また、不妊を引き起こすこともあります。子宮体がんの細胞診は、チューブやブラシで子宮内膜細胞の一部をとって、顕微鏡で調べるもの。「子宮筋腫に似たタイプ」の場合は、症状や診察所見、超音波検査、腫瘍マーカーによるスクリーニングでハイリスクとされた症例に対してMRIを行い、...
子宮頚がん(投稿11)
○子宮頚がんについての解説○それでは子宮頚がんについてくわしく見ていきましょう。子宮頚がんに関する基本的なことがはっきりしてくると思います。子宮頚管ポリープの知識良性の腫瘍 子宮頚管ポリープは良性の腫瘍で、粘膜の上皮細胞が増殖して形成されています。妊娠中の母親のいろいろなできごとを診察し、治療するだけでなく、お腹の中の胎児も診て、時には治療する科です。これが生理痛の生じる原因になるものです。子宮筋腫の原因ははっきりとわかってはいませんが、女性ホルモンの影響で筋腫が発育するので、閉経後は縮小します...
子宮頚がん(投稿12)
□子宮頚がんのやさしい解説□今まで詳しくなかった子宮頚がん の新事実がこのページで見つかるといいですね。お手伝いします。子宮頚がんについての新しい発見・気づきがあるといいですね。)ところが、子宮体部内膜以外の場所はもともと赤ちゃんのための場所ではない(厚くなったり伸びたりしない)ので、いつまでも発育し続けることはできません。通常は、治療終了後半月〜1ヶ月ほどで排卵が復活しますので、生理はそれから約2週間後、すなわち治療終了後約1ヶ月〜1ヶ月半ほどで来るのが普通だと考えて良いでしょう。また、閉経後...
子宮頚がん(投稿13)
◆子宮頚がんの解説◆意外なことに、子宮頚がん についての真相は、これまで一般に流布している常識とは、やや違うのかもしれません。とはいえ、子宮頚がんをわかりやすく解説するので、どうぞ参考にして下さい。原則として全例郭清する施設、リンパ節腫大がある場合にかぎって郭清や生検を行う施設などさまざまです」と川村さんは現状を説明する。 しかしこれも、食生活や生活様式が似ていることからくるのではないかといわれています。さてそうすると、子宮内膜症という疾患の本質を考えればずっと生理を止め続けていれば悪化しないで...
子宮頚がん(投稿14)
□子宮頚がんのやさしい解説□子宮頚がんはけっこう奥が深いことがわかると思います。改めて子宮頚がん を詳細に調査してみると、意外と面白い事に気がつきます。どの処置を行うかは、担当のドクターと相談が必要です。とはいえ、子宮内膜症があると必ず不妊症になるというわけでもなく、むしろ子宮内膜症がありながらも妊娠できる人の方が圧倒的に多いと思って良いと思います。子宮内膜症がある女性の月経痛は、日常生活に支障をきたすほど重症なものもあります。子宮筋腫の原因ははっきりとわかってはいませんが、女性ホルモンの影響で...